本文へスキップ

TEL. 088-847-3511

〒781-0113 高知県高知市種崎874番地

高知空港高知の青い空の玄関口

概要



(クリックで拡大)
 高知空港は、高知市の東方約18km、物部川河口近くの南国市物部に位置し、高知県の穀倉地帯を呼ばれる香長平野の南端にあります。
 昭和19年に設置されて以来、時代の経過とともに整備拡張されてきました。平成16年2月には2,500mの滑走路の供用が開始され、同4月には本県初のジャンボジェット機就航となったアメリカ西海岸ツアーが行われ、その後もヨーロッパ、ハワイなど各方面へ向けた国際チャーター便が就航し、高知から世界への窓口が大きく広がりました。
 平成16年度より、旅客ターミナルビルから駐車場にかけてのバリアフリー整備を進め、空港利用者の利便性の向上を図りました。
 また、高知空港は、近い将来高い確率での発生が予測されている東南海・南海地震に対し、高知県の地域防災計画において重要拠点に位置づけられており、「緊急輸送拠点」としての役割が期待されています。

沿革

昭和19年 旧海軍「日章第一海軍航空基地」として設置
(滑走路1,250m×60m)
昭和20年 終戦とともに連合軍に接収
昭和27年 接収解除
昭和29年 極東航空鰍ノより、高知−大阪準定期航路開設
昭和33年 空港整備法により第2種空港の指定を受ける
昭和36年 滑走路を1,500mに拡張
(滑走路1,500m×30m)
昭和47年 「高知空港整備基本計画」を策定
(滑走路2,000m×45m)
昭和52年 航空機騒音防止法による「特定飛行場」に指定
昭和58年 高知空港にジェット機就航(暫定供用)
(滑走路2,000m×45m)
平成6年 「高知空港整備基本計画」を策定
(滑走路2,500m×45m)
平成8年 高知空港施設変更に係わる公聴会開催(航空法第39条)
平成15年 高知龍馬空港として愛称化
平成16年 滑走路2,500m供用開始 (滑走路 2,500m×45m)
高知空港初のジャンボジェット機就航(チャーター便 高知⇔米国)
平成26年 主要地下構造物の耐震工事着手
平成27年 RESA(滑走路端安全区域)拡張のための調査・設計に着手
平成28年 県道高知空港インター線開通
 
高知空港に就航している航空機たち(左:ボーイング777 右:フジドリームエアライン社航空機)

バナースペース

高知港湾・空港整備事務所

〒781-0113
高知県高知市種崎874番地

TEL 088-847-3511
FAX 088-837-3001