みなとオアシス トピックス

2018年7月1日

「みなとオアシス マリンパーク新居浜」が新たに登録されました」

 今般、「みなとオアシス マリンパーク新居浜」(愛媛県県新居浜市)が新たに登録され、みなとオアシスとして活動を開始することとなりました。 今後、新居浜市が有する自然環境や歴史・文化などの魅力ある観光資源を活用した活動を行い、地域の活性化を図ることが期待されます。

 詳しくはこちら → → 国土交通省港湾局HP  四国地方整備局HP  

2017年7月6日

「みなとオアシス久礼の代表施設「道の駅なかとさ みなとオアシス久礼」がオープンします」

 平成29年7月6日(木)正午から、みなとオアシス久礼の代表施設となる「道の駅なかとさ みなとオアシス久礼」が先行オープンしますので、皆様、是非お越し下さい。なお、グランドオープンは7月15日(土)の予定です。
 詳しくはこちら → → 道の駅なかとさHP

2017年4月21日

「「みなとオアシス久礼」が新たに登録されました」

 今般、「みなとオアシス久礼」(高知県中土佐町)が新たに登録され、みなとオアシスとして活動を開始することとなりました。 今後、中土佐町が有する自然環境や歴史・文化などの魅力ある観光資源を活用した活動を行い、地域の活性化を図ることが期待されます。
 また、みなとオアシス久礼は、同時に道の駅にも登録されました。これにより、みなとオアシスと道の駅の両方の顔を持つことで、より効果的な情報発信が期待されます。
 詳しくはこちら → → 国土交通省港湾局HP

2017年3月9日

「四国みなとオアシス協議会通常総会が開催されました」

 平成29年3月9日、平成28年度四国みなとオアシス協議会通常総会が開催されました。4つの会場をテレビ中継で結び、各オアシスからの事業報告や意見交換が行われました。

2017年2月1日

「みなとオアシス運営要綱を策定しました」

 国土交通省港湾局では、平成15年から現在までに92の施設をみなとオアシスとして登録してきました。
 この「みなとオアシス」に対しては、近年、急増する訪日クルーズ旅客の受入れや災害支援等の新たなニーズへの対応が期待されるとともに、 平成28年度の港湾法改正において、港湾協力団体の制度が創設される等、関連制度の整備も進んでいるところです。
 そこで、国土交通省港湾局では、「「みなとオアシス」を拠点とした地域活性化検討委員会」を設置し、みなとオアシスの機能、 運営主体の役割等を改めて検討するとともに、当委員会において「みなとオアシス運営要綱」を策定しました。本要綱は、平成29年2月1日より施行されています。 これにより、みなとオアシス設置者の業務内容の充実や広報活動強化等により、みなとオアシスが更に普及し活動が活発になり、 「みなと」がより一層地域の発展に資するものとなるよう、促進してまいります。
 詳しくはこちら → → 国土交通省港湾局HP

2016年12月21日

「八幡浜港みなとまちづくり協議会が港湾協力団体に指定されました」

 国土交通省港湾局では、クルーズ船入港時の歓迎イベントや海辺での自船体験活動等、港湾において地域活性化のための活動が活発化していることに鑑み、 官民連携による港湾の管理等を促進するため、港湾管理者が適正な民間団体等を港湾協力団体に指定できる制度を平成28年度に創設しました。
 今般、全国初の事例として、八幡浜市が八幡浜港みなとまちづくり協議会を港湾協力団体に指定しました。 今後、八幡浜港では、八幡浜市と八幡浜港みなとまちづくり協議会が連携して「みなと」の魅力を発信し、地域の活性化に貢献することが期待されます。

みなとオアシス八幡浜みなっと
  みなとオアシス八幡浜みなっと                大城市長から協議会 谷本理事長への指定証の交付