• 海とみなとの相談窓口
  • 技術開発相談窓口
  • 港湾における液状化相談窓口
  • ナウファス
  • ハザードマップポータルサイト
  • 港湾地域強震観測
  • インターネットモニター
  • We Love 土木

気象・海象関係

気象海象観測

現在、四国管内の各港湾空港整備事務所において波浪観測、潮位観測、風向・風速観測、強震観測をおこなっています。その観測成果は、港湾・海岸・空港整備の計画・調査等をはじめとした海洋やウォーターフロントの開発・利用に活用されています。

四国地図

瀬戸内海総合水質調査

瀬戸内海を中心に海洋環境の総合的な保全と改善を目的として、近畿、中国、四国の3つの地方整備局が共同で各整備局の所有する海面清掃船等を使って水質及び底質に関する調査観測を実施しています。調査で得られたデータは分析、整理され海域利用と環境保全の推進に役立てるためのデータとして活用されています。
水質調査は年4回、上層(水面下2m)と下層(水底面上2m)に分けて行っています。調査は、水質測定器による塩分や水素イオン濃度(pH)、溶存酸素(DO)等の測定のほか、採水により懸濁物質量(SS)、化学的酸素要求量(COD)等の分析測定及び現地において透明度や色相の測定を行っています。底質については年1回行っており、採泥により強熱減量(IL)、含水率等の分析測定及び現地において泥色や臭気等の測定を行っています。
水質等の観測は、海面清掃兼油回収船(みずき、いしづち、美讃)が行っています。

●瀬戸内海総合水質調査

区分 測定方法 測定項目
水質(年4回実施) 自動水質測定器による測定 水深、水温、塩分、水質イオン濃度(pH)、溶存酸素(DO)
採水による分析測定 懸濁物質量(SS)、化学的酸素要求量(COD)、全窒素(T-N)、全燐(T-P)、亜硝酸態窒素(NO2-N)、硝酸態窒素(NO3-N)、アンモニア態窒素(NH4-N)、リン酸態リン(PO4-P)、クロロフィル-a(Chl.a)、フェオフィチン(Phaeo)
現地における測定 透明度、色相
低質(年1回実施) 採泥による分析測定 強熱減量(IL)、含水率、水質イオン濃度(pH)、硫化物、化学的酸素要求量(COD)、全窒素(T-N)、全燐(T-P)
現地における測定 泥色、泥温、臭気

また、調査データおよび水質分布図やグラフを中国地方整備局港湾空港部のホームページ「瀬戸内海総合水質」で公開しています。水質水平平面分布の例を下記に示します。

水質水平分布図
※赤線:四国の担当海域