暮らしを支える湾港と空港の話
MENU
業務概要
空港整備事業
空港整備の年表
昭和33年
防衛庁が旧海軍飛行場跡地に1,500mの滑走路を建設、海上自衛隊徳島航空隊基地として開設されました。
 
昭和41年
昭和41年徳島飛行場
 
昭和42年
民間航空用のターミナルビル、エプロン、誘導路を整備し、供用を開始しました。
 
昭和61年
海岸から海に突き出す形で整備が進められ、滑走路は暫定1,960mに延長。翌年から2,000mの滑走路として供用が開始されました。
滑走路が暫定1,960mに延長
 
平成4年
北側平行誘導路が完成。
北側平行誘導路が完成
 
平成22年
海上側をさらに整備し、2,500m滑走路完成。
2,500m滑走路完成
 

 
徳島飛行場について
昭和37年に公共用の飛行場となった徳島飛行場は、民間航空の利用が盛んになるにつれ民航地区の整備を要請する声が高まってきました。これに対応する中で、昭和40年前半には、現在のターミナル地域の骨格が現れ、昭和56年には2,000メートル滑走路への拡張工事が始まり、昭和62年には供用が開始されました。また、東京路線を中心とする旅客需要への対応を図るとともに、大型機が就航出来るよう2,500メートル滑走路への拡張事業が平成22年に完了しています。
●徳島阿波おどり空港に就航している航空機
旅客機(A300-600R)の写真 ANA
ボーイング737-800(738/73M)
全長39.5m
全幅35.8m
全高12.5m
標準座席数167/176
巡航速度829km/h
航続距離3,670km
旅客機(A300-600R)の写真 JAL
ボーイング767-300
全長54.9m
全幅47.6m
全高15.8m
標準座席数261
巡航速度862km/h
航続距離3,280km
旅客機(A300-600R)の写真 JAL
ボーイング737-800
全長39.5m
全幅35.8m
全高12.5m
標準座席数165
巡航速度829km/h
航続距離4,500km
旅客機(A300-600R)の写真 JAC
サーブ340B
全長19.7m
全幅21.4m
全高7.0m
標準座席数36
巡航速度504km/h
航続距離1,810km
写真提供:ANA JAL
▲ページトップへ
Copyright(c)小松島港湾・空港整備事務所 All Rights Reserved.