暮らしを支える湾港と空港の話
MENU
業務概要
海岸保全施設整備事業
南海地震の歴史
 近い将来に発生が確実視されている南海トラフによる巨大地震。記録によれば、この大地震は有史以来、一定周期で発生しており、その周期はおよそ100〜150年とされており、現時点で発生確率(南海、東南海地震)は30年以内に60〜80%、50年以内に90%もしくはそれ以上となっております。不幸にして今、この大地震が発生した場合、どのような被害がもたらされるか。私たちは、過去の歴史に学び、そして将来に備えなければならないのです。
南海地震の年表

 
 
白鳳南海地震
684年   規模:M8.4
 

 
 
仁和南海地震
887年   規模:M8.6
 

 
 
康和南海地震
1099年  規模:M8.0
 

 
 
正平南海地震
1361年  規模:M8.4
 

 
102年の間隔
 
慶長南海地震
1605年  規模:M7.9
 

 
147年の間隔
 
宝永南海地震
1707年  規模:M8.4
 

 
92年の間隔
 
安政南海地震
1854年  規模:M8.4
山越家文書
▲山越家文書。
安政南海地震の際に那賀郡答島村東浜(現阿南市)の堤防が破損した時の堤普請銀 (修復費用)を借りるための借用証。

 

 
60年の間隔
 
昭和南海地震
1946年  規模:M8.0
昭和南海地震(昭和21年)による浅川港(海陽町)の被災状況(上空写真)
▲昭和南海地震(昭和21年)による浅川港(海陽町)の被災状況。地震により発生した津波のため、集落が壊滅的な被害を受けた。

昭和南海地震の津波により港に打ち上げられた船
▲昭和南海地震の津波により港に打ち上げられた船。(牟岐町)

迫り来る大地震の姿
〈安政南海地震〉
  この巨大地震は、近畿から四国、九州東沿岸にわたり甚大な被害をもたらしたと記録されています。この地震により発生した津波は大きく、3,800軒余りの家屋が流失したと、当時の阿波藩の記録に残っています。

〈昭和南海地震〉
  紀伊半島沖で発生した大地震では、橘湾以南では3〜5m、小松島以北では約2mの津波が押し寄せたと言われています。そして、この地震・津波による県内の死者数は202人と伝えられています。

〈近い将来に発生が確実視される南海トラフ巨大地震〉
  今、ひとたび大地震が発生した場合、私たちの暮らしはどうなるのでしょうか。地震被害はもちろん、地震と同時に来襲が予想される巨大津波に対して、背後の市街地を守りたい。そこで、より地震に強い、地域基盤づくりが早急に求められています。


[浅川港の津波防波堤]
浅川港の津波防波堤(上空写真)
堤防の補修はもちろん地盤の強化が喫緊の課題
 整備区間は、桑島瀬戸地区をカバーする堤防で、撫養川河口から西へ約2.6kmです。堤防は想定される高潮に備えて、十分な高さを確保して造られていますが、整備から約50年を過ぎて老朽化が目立ち、堤防そのものの補修が必要となっています。しかし、それだけでは十分ではありません。目に見えない部分である地盤の強化がさらに重要なのです。つまり地震による堤防直下地盤の液状化対策です。十分な高さと強さを備えた堤防も足元である地盤がゆるくなったのでは、その力を発揮することができません。そのため、平成18年度より桑島瀬戸地区の堤防の改良事業に着手し、平成28年3月には鳴門競艇場前面区間480mの整備を完了しました。残りの2,110m区間を早急に完成させるように整備を進めているところです。


【海岸保全施設整備イメージ】

整備前
【海岸保全施設整備イメージ】補修前
 
  整備後
  【海岸保全施設整備イメージ】補修後
鳴門市撫養港海岸(上空写真)
 
▼撫養港の海岸保全施設(堤防)
撫養港の海岸保全施設(堤防)
  ▼撫養港の老朽化した堤防
撫養港の老朽化した堤防



●事業概要
整備区間:撫養港海岸 桑島瀬戸地区堤防(L=2,590m)
. 防護面積:330ha
防護人口:約11,400人

撫養港海岸 桑島瀬戸地区堤防

撫養港海岸 桑島瀬戸地区堤防

撫養港海岸 桑島瀬戸地区堤防


  平成20年春より撫養港海岸の現地工事に着手しました
▲ページトップへ
Copyright(c)小松島港湾・空港整備事務所 All Rights Reserved.