暮らしを支える湾港と空港の話
MENU
業務概要
港湾整備事業
 安全で使いやすく、よりよい機能を備えた港湾を造る事業です。最近では、徳島県の産業・地域経済を支える物流拠点「国際物流ターミナル」が完成。また、大規模災害発生時に一定の物流機能を維持し地域経済への影響を軽減するため、現在、地震に強い岸壁を整備しています。
→詳細はこちら
写真1 写真2
海岸保全施設整備事業
 近い将来に発生が確実視されている東南海・南海地震。その影響で発生が予想される津波から人や暮らし、マチを守るために海岸保全施設(堤防)の老朽化・液状化対策などに取り組んでいきます。
→詳細はこちら
写真1 写真2
海洋環境整備事業
 私たちの事務所には、海面清掃兼油回収船「みずき」が配備されています。瀬戸内海の環境を守り、船が安全に行き交うことができるよう海面に浮遊するゴミを回収するとともに、油流出事故が発生した場合には油回収も行います。また、海洋汚染の状況を把握するため、瀬戸内海総合水質調査も実施しています。
→詳細はこちら
写真3 写真4
空港整備事業
 徳島飛行場は東京、福岡と連絡しています。最近では、東京路線を中心とする旅客需要への対応を図るため滑走路延長を柱にした拡張整備事業を実施し、2,500メートルの滑走路が現在完成しています。
→詳細はこちら
写真5 写真6
 
Copyright(c)小松島港湾・空港整備事務所 All Rights Reserved.